有限会社安井創建

富山で塗装なら有限会社安井創建 | 塗装の種類

お問い合わせはこちら LINEでお問い合わせ

塗装の種類

住まいの外壁にベストな塗料をご提案

COMMODITY

外壁の塗料は多様なメーカーから数多く発売されており、初めて塗装をご検討のお客様には分かりづらい点が多くあります。今後、お客様が塗料をお選びになる際に役立つよう、よく使用する塗料の詳細をご紹介します。塗料は外壁との相性が良いものを選ぶことが重要です。塗装の有資格者がご自宅の素材を調べ、最適な塗料選びをご提案いたしますので、ご安心ください。

フッ素以上の耐候性なら無機塗料

セラミックやケイ素などの無機物を主成分とした塗料のことをいいます。
無機塗料は雨や紫外線の影響を受けにくいので劣化しにくく、外壁表面を長期間にわたって保護し、フッ素を超えるほどの耐候性があるといわれています。
また、有機物の含有量が少ないためカビやこけの発生を抑えます。
表面に付着した汚れを浮かせ雨水で洗い流す特徴があり、
静電気も起きにくいのでホコリなどのゴミを寄せ付けない塗膜になります。

高品質の塗装ならフッ素樹脂塗料

15年から20年という長い耐用年数があり、紫外線や雨水に強く汚れもつきにくい最高ランクの塗料で、頻繁に塗り替えのできない大型商業施設などで使用されています。一般住宅でも塗り替えの機会をできるだけ少なくしたい方におすすめです。他の塗料に比べて費用は高くなりますが、耐久性や耐汚性のほか、紫外線にも強いため家を熱から守り、カビや藻がつきにくいという特徴もあります。

耐久性・透湿性に優れたシリコン塗料

令和に入り、主流な塗料はシリコン樹脂塗料による塗装です。ウレタン樹脂塗料に比べ耐久性が高く、塗り直しサイクルは8年から15年と考えられます。豊富な色があるほか、高い透湿性があります。透湿性とは、雨などの水分を内部に通さず、建物の腐食の原因となる湿気を外に逃がす性質で、シリコン樹脂の特徴のひとつです。外壁と塗料の間の湿気を逃がし、塗膜の膨れや剥がれを防ぎます。

仕上がりの美しさが魅力のウレタン塗料

アクリル樹脂塗料の次に台頭したのが、ウレタン樹脂塗料です。ウレタン樹脂塗料も、シリコン樹脂塗料の登場により需要が減りつつありますが、低コストでかつ仕上がりの美しさから、希望されるお客様もいらっしゃいます。色の種類が豊富で、ひび割れも起きにくい塗料であるうえ、長く使われている塗料のため、職人が扱いに慣れており、その点が仕上がりの美しさにもつながっています。

色の種類が豊富なアクリル樹脂塗料

2000年初頭に主力塗料として使用されていたのはアクリル樹脂でしたが、次第にウレタンやシリコン樹脂塗料などに押され、外壁塗装の塗料としての出番は減りつつあります。ただ長年使用されてきたため種類が豊富、低コスト、色のバリエーションが豊富という大きなメリットがあり、使用する場所によってはアクリル塗料を選ぶこともございます。DIY用としても人気のある塗料です。

大事なお家の屋根に最適な塗料をご提案

COMMODITY

ラジカル制御型塗料

多くの塗料に含まれる酸化チタンという成分は紫外線を受けると、ラジカルといわれる因子を発生させます。
ラジカルは樹脂同士の結合を破壊するはたらきを持っているため、塗膜の劣化要因になります。
ラジカル制御型の塗料には、酸化チタンに紫外線が当たらない特殊なコーティング剤が使用されまた発生したラジカルを吸収する光安定剤も配合されているため、酸化チタンによる劣化がより進みにくくなっています。

遮熱塗料

優れた遮熱性を発揮し屋根から室内への熱の侵入を抑え、省エネや電気代の節約につながります。
また、屋根自体のの温度上昇を抑え、屋根材の経年劣化を遅らせることができます。
遮熱塗料の中でも含まれる樹脂によりグレードがありハイグレードな順に、フッ素>シリコン>ウレタン>アクリル、があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。